《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる

レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックの種類によりましては、角膜の疾患があっても手術を受けることが出来るケースがあります。
レーシックが受けられない方でも受けることの出来る視力回復手術も存在しているので担当医に聞いてみると良いでしょう。
レーシック手術をする場所の角膜に障害を持っている方というのも少なからずいることでしょう。
角膜に何らかの異常が見られる方は、レーシックを受けることが出来ないのでご注意ください。

 

レーシックをすることの出来ない可能性のある人だったとしましても、まずはクリニックで相談をしてみるようにしましょう。
何らかの対処法を紹介してくれるハズですので、まずはレーシックを行っているクリニック探しから始めましょう。



《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なるブログ:06 7 2022

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

減量していると、
なかなか思うように体重が減らない停滞期がつきものですが…

減量だけでなく、
仕事や好きなことをやる時でも
せっかく大きな決断と行動力で「最初の一歩」を踏みだしたのに、
その歩みが進められなくなるような、
いわゆる「スランプ」の状態ってありますよね?

これは、どんなに優秀な人でも、どんなにポジティブな人でも、
どんなに行動力がある人でも訪れます。

「減量における停滞期」と同じくらい、
いやそれ以上の確率で必ず遭遇するものです。

通常、このような状態が来ると
「あたしはもうダメなんじゃないか?」
「あたしは継続力がないからダメだ!」
「周りが○○だからダメなんだ」
などなど、自分を卑下したり、周りのせいにしたりします。

でも考えてみてください。
自分を卑下して、まだやってみてもいないことを諦めてしまったり、
周りのせいにして行動しなかったり…
そんな人生、楽しくないですよね?

ですから、
減量で一時期体重が減らなくても、
自分の心と体を見つめるようにしましょう!

「なんでいま、こんなにおやつが食べたくなるんだろう?」
「なにを食べたら体重が増えるんだろう?」
「どういうトレーニングならあたしもやれるんだろう?」
などといった事を考えて、行動すれば、
「自分の個性」が見えてくるはずです。

その個性を生かして、減量に繋げ、
楽しく減量をできる方法を考えている過程こそが、
大きな収穫・成果をもたらすと思います。

日々、楽しい減量を実践して、
減量の停滞期なんて、
笑いながら乗り越えましょう!