《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。



《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:05 7 2022

運動をするだけで、
不眠症が改善されるのは確かですよ!

不眠の原因はストレス。
そのストレスが積もりに積もって
不眠症を慢性化させてしまっているようです。

みなさんは
「運動すると余計ストレスが溜まるのでは?」
と思われるかもしれませんが…

効率良く運動をすると、
ストレスを減らす事ができます。

ですが、
ただ単に運動をするのでは
不眠症改善の効果は期待できません。

運動といっても
効果があるものとないものがあるんですよね!

睡眠は朝方と18時の体温差が大きいほど、
寝つきがいいといわれています。

なので、
18時、寝る前には
筋トレなどの激しい運動は控えるべきなんです。

肉体が温まり過ぎて、眠れなくなってしまうからです。

一番いいのは、
午前中に運動をする事です。

運動をすると
ストレスホルモンも一緒に上昇していきます。

ところが5時間ほど経つと、
リバウンド効果により
ストレスホルモンが逆に減少していくのです。

その間に布団に入れば、
心地よく熟睡できるというわけです。

簡単にまとめますと…
午前中に運動をして体温を上げ、
肉体を疲れさせます。

そして18時に体温が下がってくると
眠くなるというわけです。

遅くても
就寝前の約3時間前までには体温を上げておきましょう!

日頃からスポーツをしている人には
運動なんて簡単な事ですが、全く運動をしない人には、
毎日の運動は難しいでしょう。

そういった方は、
軽めのウォーキングやストレッチでもいいので、
無理のない範囲で肉体を動かしましょう!

肉体がほぐれる程度でも
十分効果はありますよ。