まだまだ日本では美容整形が注目されてから歴史が浅いことから、ご利用者の数もまだ少ないと言えます。
それでも一昔前と比べて飛躍的に利用者が増えており、施術も確実性が非常に高くなっているのです。 美容整形を提供している外科のことは、「美容外科」と呼ぶのが正しい名称となります。
その辺に乱立しているようなエステとは異なり、安全性と確実性は非常に高くなっています。

 

形成外科では、体の表面の外傷や奇形、また腫瘍などといったものに対しての処置や機能の治療となります。
様々な治療が徐々に発展をし、美容外科という一つの医療カテゴリーが誕生しました。そもそも美容整形というのは、外見や状態を整えて美しく見せる外科的な処置を実施する美容術となります。
少し前まで日本では抵抗のある女性が多かったですが次第に一般的な女性も積極的に受けるようになってきています。



《美容情報》外科的な処置を提供する美容整形ブログ:04 7 22

( ゚д゚)ノ こんにちわー

シェイプアップを行う場合、
一日の総摂取カロリーを決める必要があります。

摂取カロリーが多すぎれば
肉体に溜まった脂肪は減らないですし、
逆に少なすぎれば代謝が低下し
痩せにくい肉体になってしまいます。

シェイプアップを成功させるには、
必要な量の摂取カロリーをしっかりと摂取することが
とても重要です。

ちなみに…
シェイプアップのために摂取カロリーを減らす場合は、
成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが
最も効果的に肉体に溜まった脂肪を落とせるんだそうです。

女性の場合、
成人女性の平均摂取カロリーが約1800kcalなので、
それより20%落とした1440kcalが
シェイプアップに必要な一日の摂取カロリーの目安となるわけです。

ただし、
今ままで2500kcal食べていた人が、
いきなり1440kcalに減らすのは危険です。

このような場合は、
14日間おきに300kcal程度摂取カロリーを減らしていって、
目標の1440kcalにするようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らしすぎると
確実にリバウンドします。

また、
「理想体重×30キロカロリー=一日の総摂取カロリー」
という目安もあります。

例えば…
50kgが目標であれば「50×30=1500」で、
一日の総摂取カロリーの目安は1500kcalとなるのです。

しかしながら、
例えば、現在60kgで目標が50kgの場合、
いきなり10kgも落とすのは
リバウンドしやすく健康も害する可能性があり危険です。

なので、
このような場合は2〜3kg減らした体重を目安に、
一日の総摂取カロリーを求めるようにしましょう。

ニンニン