賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。

 

賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。
もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。 対応の悪い不動産屋で賃貸探しをしてしまうと、物件が見つかったとしてもアフターケアを疎かにされてしまう可能性があります。
親身になって一緒に探してくれて、様々なトラブルの相談にのってくれる不動産屋で賃貸探しをするようにしましょう。



家賃交渉をする時のコツブログ:2022-06-20

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

1日に必要な栄養を手軽に摂れるサプリメントは、
ご飯で不足した栄養素を補うために飲むものです。

サプリメントは
「薬」ではなく「栄養補助食品」です。
栄養素がたくさんつまった食品として考えると分かりやすいですね。

サプリメントを飲むタイミングは色々ありますが、
ご飯の前より後がおすすめです。

ご飯をすると消化器官が活発に活動するため、
食べ物と一緒に摂ることで消化吸収されやすくなります。

サプリメントは1日分を1回で満たせるものや、
数回に分けてとるタイプのものなど様々ですが、
特に水溶性ビタミンの場合は、
1日に2〜3回に分けて取り入れるのをおすすめします。

水溶性ビタミンのB群やビタミンCは、
一度に大量に摂っても尿として流れてしまうため、
数回に分ける方が体質にうまく取り入れることができますよ。

また、脂溶性ビタミンの中でも
ビタミンA・D・Kは摂りすぎると
過剰症になる危険性があるため、
1日分の表示を確認して、適度の摂取を心がけましょう。

サプリメントを飲むときの飲み物は、
水かお湯がおすすめです。
水は栄養をいち早く小腸に運ぶことが出来ます。

逆にお茶やコーヒーは、
タンニンやカフェインの作用により
ミネラルの吸収を妨げることがあるので
避けたほうがよいでしょう。

サプリメントは
あくまで栄養を補うための補助食品です。

ご飯そのもののかわりにはならないので、
「ご飯を摂らなくてもサプリがあるから・・・」と
サプリメントだけに頼るのは避けたいところです。

まずは1日3食バランスのとれたご飯。
そのご飯の補助として、サプリメントを上手に利用しましょう!

――――――以上で今日の報告を終わります。