お墓探しは決して難しく考える必要はありませんが、お墓についての知識はしっかりと持つ必要があります。
全く知識の無いままお墓探しをしてしまい、すぐに改葬をする人も中にはいるのです。 日本国が定めているお墓の定義や埋葬等に関する法律に「墓埋法」があります。
この墓埋法の中では、遺体や遺骨を埋葬する場所を「墓地として都道府県知事の許可を受けた区域」と限定されているのです。

 

墓埋法が定められていますが、これは遺骨を保管するための納骨堂に関しての規制もあります。
「他人の委託を受けて焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県の許可を受けた施設」となっているので覚えておきましょう。

 

あまり知られていないことですが、日本が定める法律によって納骨堂とお墓というのは、しっかりと区別がされているのです。
またどこにでも埋葬をして良いということは無いので、まずはお墓の管理者などに相談をしてみると良いでしょう。





還暦祝い プレゼント 父check!
還暦祝い プレゼント 父
URL:http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/male/


法律とお墓の関係を勉強しようブログ:06-7-2022

減量には、適度な運動が必要なんだ!
よしっ、分かったぞ!さっそく運動を始めよう!!
…と思ってすぐに実行し、長続きする人は少ないでしょうね。

たぶん、そこまで動ける人であれば運動が得意、
もしくは好きな人のはずなので
減量をしなくても、すでに痩せていることでしょう。

しかし、運動が得意でも、好きでもない
どちらかと言えば嫌いという人にとって、
毎日、運動をし続けることは難しいですよね。

運動を始めて2日目くらいまでは
モチベーションも高いのでちょっと楽しいものです。

しかし、しばらくすれば、
モチベーションも下がり、だんだん面倒に…

雨が降っているからとか、今日は忙しかったからとか言い訳して、
だんだん運動をしなくなったりしていませんか?

では、どうしたら運動が長続きするかというと…

ボクは、趣味や毎日行う行動を
運動にすれば良いと思います。

運動すると思うから辛くなるのです。
「運動=辛いもの」と頭の中にインプットされていませんか?

しかし、好きな趣味をすると思えば辛くなくなりますよね。
「趣味=楽しいもの」と頭の中にインプットされているはずなので…

お買い物が趣味であれば、
自転車や車はなるべく使わないで歩いてお買い物をする…
これだけでも、十分な運動になりますよね。
ちょっと考えればいろいろ出てくると思います。

趣味を上手く生かして、
減量を成功させましょう。

「減量のために…」なんて大げさに捉えないで、
毎日の生活の中に、
上手く減量を取り込めば良いんじゃないでしょうか?